<お問い合わせ>  和歌山店 フリーダイヤル 0120-118-915

ピュアシリーズは、半世紀にわたり日本人の眼を研究し続けたシードが提案する、
国内一貫生産のソフトコンタクトレンズです。瞳の安心のために、すべての工程を日本国内で製造。
徹底した品質管理と検査体制のもとで1枚1枚ていねいに作り上げています。
シードならではのクオリティで安心をお届けします。
また生産工場は、CO2排出量削減と水使用量の削減を実現した、環境にやさしい工場です。

安全・安心を追求するシード。シード鴻巣研究所は「シード1dayPure」生産の為、埼玉県鴻巣市に
新設されました。日本の瞳を考えた国内一貫生産のクオリティを実現した工場です。

工場は環境に配慮した製造設備が充実。「CO2排出量削減」と「水使用量の削減」、2つの課題をクリアした工場です。

「シード1dayPureシリーズ」は両性イオン素材「SIB」と可変パラメトリクスデザインの2つの新技術を採用しています。両性イオン「SIB」素材はプラスとマイナスのイオンをあわせて持っている、見かけ上電気的な偏りのない素材です。電気的に安定していますので、高い含水率を持ちながらも、汚れをよせ つけず、塩濃度や温度などの環境変化に対して高い形状安定性を発揮します。装用感の良さをそのままに、汚れにも対応、乾きも軽減できるとのこと。これは試してみる価値があるかも!?

製造ラインに入室する為に、滅菌を徹底!製造工程での混入などを防ぐ為、外部からの物、貴金属の持ち込みは禁止されています。手洗いはもちろん、私達も全員、工場内専用の帽子や服に着替えて入室します。そこまで徹底されているんですね!

機械で管理・製造しているレンズですが、最後には、1枚1枚すべて人の目で不良品がないかをチェックしています。レンズの外観チェックをはじめ、 6段階にもおよぶ検査を行っています。だから不良品が少ないんですね!

廊下の隅々までピカピカに磨かれたとても清潔な館内が印象的でした。国内で使い捨てレンズ
の製造を見ることができるのは(株)シードだけとのこと。「国産の安心度」とは、どの様なものかとても興味がありました。
素材・調合・滅菌・箱詰・お客様の手元に届くまでの徹底した管理システムは使い捨てレンズにありがちな「大量生産だから、多少の不良品が混入していても当たり前・・・」という概念を覆すものでした。国内だからこそこだわるクオリティーの高さがあると思います。シード研究所の方々の徹底管理が私達の安心に
つながっていると感じました。
純国産レンズで瞳に優しく地球にも優しい
コンタクトレンズです。満足してご使用
いただけると思います。

<和歌山店>
〒640-8331
和歌山市美園町5丁目12-1 水了軒ビル2F
0120-118-915