<お問い合わせ>  和歌山店 フリーダイヤル 0120-118-915

コンタクトレンズライフ

コンタクトレンズの仕組み

目の健康は、正しい知識を知ることから

コンタクトレンズは、ただ眼球の上に乗っているわけではありません。
各メーカーが目の仕組みについて研究し、目に負担をかけないように装用できるようになっています。
こちらでは、目の健康のために、コンタクトレンズの仕組みについてご紹介します。
コンタクトレンズの仕組みを知ることも、目の健康にとって非常に大切です。

ソフトコンタクトレンズのしくみ

ソフトコンタクトレンズを平行に輪切りにした状態を考えると、レンズは輪ゴムの集合体と考えられます。
ソフトコンタクトレンズが瞳(角膜)の中央に位置し、ずれてもすぐに瞳の中央に戻ってくるのは
レンズの弾性の働きによるものです。瞳の中央部に乗っていたレンズ(輪ゴム)はまばたきの際に、
まぶた(眼瞼)の強い力によって上方に引き上げられます。それにより、輪ゴムは伸ばされ弾性が発生、
瞬きが終わると輪ゴムは収縮を始め、瞳(角膜)の中央に戻り停止します。

ハードコンタクトレンズのしくみ

ソフトコンタクトレンズよりも小さいハードコンタクトレンズが装用できるのは、表面張力によるものです。
湾曲したレンズが、瞳(角膜)の形状に密着し、その間に涙が入ります。
いわば、レンズは涙の上に浮かんでいる状態なのです。その涙によって表面張力が発生し、
レンズが装用できるのです。

次のページでは「レンズの種類」と「乱視テスト」についてご紹介します。>>

コンタクトレンズに関するトラブル・ご相談は「プラザコンタクト和歌山店」までご連絡ください。 PLAZA CONTACT 和歌山店「営業時間・アクセス」

<和歌山店>
〒640-8331
和歌山市美園町5丁目12-1 水了軒ビル2F
0120-118-915