<お問い合わせ>  和歌山店 フリーダイヤル 0120-118-915

コンタクトレンズライフ

誤った装用が引き起こす眼病

放置しておくと失明にいたる危険もあります

ここでは、誤った装用が引き起こす眼の疾病のいくつかを紹介いたします。
放置しておくと失明に至る場合もあり、決して軽視できるものではありません。

巨大乳頭結膜炎

上まぶたの裏側にブツブツ(乳頭)ができます。ソフトレンズを
使っている人で、煮沸消毒や、つけおき洗浄、連続装用を
行っている人に多くみられます。また、ドライアイの人
に多く起こります。気をつけたいのは、症状が花粉や
ハウスダストによるアレルギー性結膜炎や春季カタルと
似ているという点です。自己判断せず、きちんと眼科医を受診して
診断してもらう必要があります。

巨大乳頭結膜炎

角膜血管新生

酸素不足が原因で、本来であれば血管の存在しない角膜にまで
血管が延伸する障害です。
徐々に視力が低下する以外には大きな自覚症状が出ることは少なく、気がつけば失明の一歩手前、といったケースも見受けられる、重篤な
コンタクトレンズ障害です。酸素透過性の低いコンタクトレンズを
長時間装用している方に多く見られます。

巨大乳頭結膜炎

角膜内皮障害

最近注目されている、重篤なコンタクトレンズ障害です。
まったく自覚症状が現れないまま、角膜の内側を構成する細胞
(角膜内皮細胞)が少しずつ脱落、減少していく障害です。
原因となるのはコンタクトレンズによる慢性の酸素不足です。
角膜内皮細胞の減少が進行し、細胞数が1000個以下になると
手術すら受けられない可能性もあり、700個以下では
失明の危険さえあります。

巨大乳頭結膜炎

表在性点状角膜炎

コンタクトレンズ障害のなかで、もっともよく見られるものです。
角膜の上皮層(浅い部分)に小さな傷がついている状態の呼称で
(スマイルマークパターン、3-9時ステイニングも
これに含まれます)、たいていの場合はレンズを一日外せば
回復しますが、原因を把握、除去しないと再発する可能性が高く、
重症化すると角膜浸潤・角膜潰瘍へと発展する可能性があります。

巨大乳頭結膜炎

角膜浸閏

角膜浸潤とは、角膜に傷ができてその傷が炎症を起こしている
状態のことをいいます。通常であれば異物感や痛みを伴いますが、
ソフトコンタクトレンズを装用している場合、レンズが傷を
ふさぐ役割をするため、自覚症状に乏しい場合があります。
角膜浸潤が悪化すると、角膜上皮にも欠損ができてしまい、
さらに深い層にまで傷が達し、角膜潰瘍になってしまいます。

巨大乳頭結膜炎

角膜潰瘍

角膜潰瘍は、コンタクトレンズが原因で起こる眼の障害の中で
最も重いもののひとつです。角膜に灰白色の濁り(潰瘍)が
発生し、視力低下、結膜(白目)の充血がおこり、
涙っぼい目になります。痛みもあり、ときにまぶたまで
腫れることがあります。進行すると潰瘍がしだいに大きくなり、
痛みも強まり、放置しておくと失明に至ります。

巨大乳頭結膜炎

次のページでは「コンタクトレンズの仕組み」についてご紹介します。>>

コンタクトレンズに関するトラブル・ご相談は「プラザコンタクト和歌山店」までご連絡ください。 PLAZA CONTACT 和歌山店「営業時間・アクセス」

<和歌山店>
〒640-8331
和歌山市美園町5丁目12-1 水了軒ビル2F
0120-118-915